熱中症予防策として日傘を見直そう!Wpc日傘で熱から体を守れ

スポンサーリンク

こんにちは、弥津です。

地獄のような夏の暑さから身を守るために、皆さんはどんな予防策をとっていますか?

水分補給や衣服の調整で対策を講じる方が多いと思いますが、日傘』の効果は絶大!!

熱中症予防策として、『日傘』を見直してみましょう。

画像出典:value press

『日傘』と一言でいっても、傘によって性能はまちまち。

遮熱性も製品によって違いがあるようです。


2020年6月15日、株式会社ワールドパーティーvalue press に熱中症予防とソーシャルディスタンスの確保に役立つ『日傘』のついてのプレスリリースを発表しました。


Wpcの日傘は熱や紫外線、光を遮るコーティングが施されているので、夏場の暑さ対策に効果抜群。

傘生地に熱や紫外線、光を遮るコーティングをしており暑い夏場には効果を発揮してくれます。

コーティングにより生地目が埋まり、防水効果もあるので晴雨兼用で使用できます。

引用:value press

しかも、こちらの製品たちは「晴雨兼用」。

一本持っていれば、どんな天候にも活躍してくれるのでありがたいですよね。

画像出典:value press

上の画像にあるように、日傘をさしている時の体はサーモグラフィーでは「青」。

体温はクールな状態のままですね。

温度測定は熱照射を始めて5分、10分、15分の温度差の平均を採用した結果、8℃~11度ほど熱照射温度をカットする結果が出ました。

引用:value press

日傘なしでは、体温がかなり上昇するのが分かります。

8〜11℃の熱照射温度をカットできるのと、直接浴びるのでは、まさに雲泥の差。


体に与えるダメージの違いは想像できますよね。

画像出典:value press

Wpcの日傘のコーティング具合は上の画像の通り。

私が持っている雨傘は左の画像のように、日に当てるとスケスケです。


「雨傘でも日よけになるだろう」なんて思っていた私ですが、これをみると改めて『日傘』の必要性を感じますね。


また、プレスリリースにあるように、環境省は暑さ指数の低減効果の高い『日傘』の活用を推進しているのだとか。

環境省では、熱中症発症者数の増加が見込まれる5月~9月、初夏から夏季を中心に、夏の熱ストレスを一人ひとりの工夫で低減できる暑さ対策として、暑さ指数の低減効果が比較的高い「日傘」の活用を推進します。

環境省の報道を見てみると熱を軽減するだけではなく、遮光率99%以上、遮熱効果のある日傘を使用すれば30度の外気温の場合、汗の量が17%減るとこがわかったとしています。

引用:value press

夏は直射日光を避けるだけでも涼しさを感じますもんね。

私も子供の部活の試合などで屋外観戦する時は、安物の日傘使ってます。


日陰に体を置くだけでも生き返った気分になりますから。


それに、感染症予防が叫ばれる昨今では、ソーシャルディスタンスの意識も重要ですよね。

日傘をさせば、自然とソーシャルディスタンスがとれるんですよね。


これは、なかなか良い案であります。

画像出典:value press

遮熱とソーシャルディスタンス。

2つの効果で今後の新しい生活様式のひとつになりそうな『日傘』。


私は「日傘は女性のもの」といったイメージを持っていましたが、これからは男性も恥ずかしがらずに。

男性でも問題なしなデザインを選べばOK。


興味のある方は下記リンクを購入の参考にされてみてください。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

お子様にはこちらの製品が良いかと思います。

会社概要

会社名: 株式会社ワールドパーティー

所在地: [本社]〒558-0014 大阪市住吉区我孫子1-2-9

設立: 1985年9月

代表: 代表取締役CEO 中村 俊也

事業内容: レイングッズの企画・製造・卸販売


[ブランド]Wpc. / KiU / unnurella by WPC

URL   : http://www.worldparty.co.jp/


「Wpc.™」

URL   : https://wpc-worldparty.jp/

ファッション小物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
弥津 彗をフォローする
スポンサーリンク
やづスタイル