ポテトチップスは全て悪ではない!体に優しいポテチを選べば問題なしだ

2019年6月25日

こんにちは。ポテトチップスと言えば「九州しょうゆ味」が最強だと思う弥津です。

ポテトチップスと言えば、体に悪い食品として例に上がりますね。
今回は、ポテトチップス食べたければ、体に優しいポテチを選ぼう話題です。

ポテトチップスは、みんな好きですよね。
食べ続けるとやみつきになる、魔のスナックとでも言いますか。

そんなポテチですが、体への悪影響が多いことで有名です。
まずは、体に優しいポテトチップスのお話をする前に、どれくらい体に悪いのかを見ていきましょう。


【SPONSORED LINK】

ポテトチップスが体に悪い理由

ポテトチップスが危険な食品とされる理由は何か?
それが結構色々とあるんですよね。

この理由をみると、ポテチを食べるのが怖くなるかもしれませんね。

カロリーがすごい

ポテトチップスと言って、まず気になるのがその「カロリー」ですね。
ポテチは平均一袋60g。たった60gでどれくらいのカロリーなのかというと・・・「330 kcal 以上」!!

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

おおざっぱな目安ではありますが、このカロリーは約2時間のウォーキングを行わないと消費できない値です。
カロリー消費できない分は、当然の事として「脂肪」として蓄えられます。

危ない添加物が入っている

ポテチには多くの添加物が入っています。
その中でも、「L-グルタミン酸ナトリウム」には注意が必要です。

ポテトチップスのうまみの素なのですが、「塩分を感じにくい塩分」なので塩の過剰摂取に繋がってしまいます。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

塩分過剰になると、高血圧、心臓病、腎機能障害などといった厄介な病気のリスクが高まります。

また、「乳化剤」も要注意です。
乳化剤の使用目的は、水と油のような本来混じらないものを均一に混合させる為です。

乳化剤として、「グリセリン脂肪酸エステル」が使用されている場合は、特に危険。
肝臓肥大や腎臓の石灰化のリスクが指摘されています。

発がん性が指摘されている

みなさんは「カラメル色素」ってご存知ですか?
この添加物は危険な割には、何気に色々な食品に使用されています。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

カラメル色素は、全部で4種類に分けられます。
原料や製法で分類されるのですが、その中の2種類(アンモニウム化合物を使用したもの)に「発がん性」が指摘されています。

しかし、原材料表記には「カラメル色素」、「着色料(カラメル)」としか書かれていないケースがほとんどで、どの種類なのか分かりません。

分からない以上、常食化は控えるべきでしょう。

中毒性がある

ポテチはまさに「やめられない、止まらない」。
某えびせん以上の中毒性があります。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

中毒性の原因は、先ほどのお話に登場した「L-グルタミン酸ナトリウム」。
舌への刺激が強く、脳がその刺激を記憶してしまい、「もっとくれ」と欲するようになってしまうのです。

そうかといって、脳の指令のままにポテチを食べ続けると、カロリー・塩分過剰だけでなく、添加物リスクも重なり、まさに命を削る結果となり兼ねないんですね。

それなら体に優しい無添加ポテチを選ぼう

ポテトチップスの全てが「悪」ではありません。
原価は高くなりますが、体を気遣った「優しいポテチ」もあります。

ポテトチップスを止める必要はありませんよ。
ポテチ選びも健康志向にシフトすればOKなのです。

「化学調味料無添加」のポテトチップスを選ぶようにしましょう。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

スーパーなどでは添加物系のポテチの勢力がすごく、無添加ポテチは手に入りにくい場合もあります。
ネットでは多くの「無添加」、「オーガニック」ポテトチップスが売られていますので、試してみてはいかがでしょうか。

また、ギザギザ系のポテチも旨いですよね。
無添加系ポテチの中にも、ギザギザポテトがあります。

食べ応えを望むのであれば、こちらもおススメです。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

少しお値段が張りますが、安心安全には変えられません。
過剰な病みつき感も抑えられますし。

大好きなポテトチップスを楽しみ続けたいのであれば、こちらに変えてみるのもいいですね。

また、味付けは塩のみという超シンプルポテチもあります。
素材そのものの味を楽しめます。

食べ出すと、こちらの味の方が好きになってくるかもしれませんね。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

身近には売っていなさそうな、レアチップスです。
健康にこだわるのであれば、「シンプルさ」にこだわってみましょう。

安全なポテトチップスのお供は「映画」で決まりだ

最後に、ポテトチップスと言えば、私に欠かせないのが「映画」です。

「映画と言えば、ポップコーンだろ」という意見もごもっとも。
しかし、ポップコーンよりポテチにビールですよ。

映画に集中しながら食べるポテトチップスは、意外に量が進まないものですよ。

美味しいお酒に、体に優しいポテトチップス。
そして、映画と見ながらゆったりとした時間を過ごす。

なかなかの贅沢ですね。
みなさんも、自分なりのポテチタイムをお過ごしくださいませ。

以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】