ダイエット成功に必要なイライラ除去に役立つ「和のアロマ」

スポンサーリンク

こんにちは、弥津です。

今回、ネットで「痩せない!その元凶は、食事内容ではなく食べ方にあった!?」という記事をみつけました。

食べ方のポイントと、ダイエット成功に役立つ商品をご紹介します。

元ネタ記事には、ダイエットを成功させるための4つのポイントが紹介されています。

その4つは以下の通りです。

ダイエット成功のポイント

1.朝ごはんを抜かない

2.イライラした状態で食事をしない

3.生体リズムに合わせて食事をする

4.姿勢をよくして食べる

細かな点については元記事をご参照ください。

その中で、私が一番気になった「イライラした状態で食事をしない」に役立ちそうな商品がありましたので、お話しますね。

イライラ予防といえば、『アロマテラピー』ですよね。

ストレスを溜めやすい私も、以前はアロマによる癒やしを試みたことがありました。

ちなみに、私のお気に入りのアロマは「オレンジスイート」。


でも、ハーブ系や果実系のアロマの香りって和食に合うかというと・・・食事内容がどうしても『洋』になりがちですよね。

和食が大好きな私としては、和食に合うリラックスアロマを探したい!!


そこで、見つけたのが『茶香炉』

お茶の香りで癒やしを得ようという製品です。


これなら、イライラを解消しながら落ち着いて和食・・・なんて、ダイエットに良さそうな食事が摂れそうな感じがしませんか?


和のアロマテラピーというだけではなく、茶香炉を使った緑茶の香りには他にも嬉しい効果があります。


まずは、「消臭効果」。

そして、「香りのあとは、ほうじ茶として楽しめる」という点です。


以下の記事に茶香炉の楽しみ方が詳しく説明されていますので、ご確認を。

茶香炉を試すのであれば、形から入りたい私。

ネットで安価ながら雰囲気のある素敵な茶香炉グッズに出会えます。


何を揃えたら分からないという方には、一式セットになったものがおすすめです。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

こちらの商品は、4950円ですが、茶香炉と茶香炉専用の茶葉、そしてロウソクがセットになっています。


あれこれと調べて別々で購入するよりは、間違いがないですね。

お次は、渋いデザインのものはちょっと・・・という女性向きの茶香炉。


白い有田磁気の茶香炉なんているのもありました。

形が丸っこくて、可愛らしいですね。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

茶香炉はそれぞれ3つにパーツが分離できるので、洗ったりする「お手入れ」が楽です。


香りを楽しむとはいえ、お茶という食品のイメージの強いものを扱うので、常に清潔を保ちたいですよね。

さらに、陶磁器のようなものはお部屋の雰囲気に合わないという方は、透明なガラス製はどうでしょうか?


ガラス製だと、ロウソクの炎を見ながら、香りと見た目で癒やされそうですね。


こちらも清潔感があって、どんなお部屋であっても合いそうです。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

耐熱性のガラスだけあって、単品ですが少し割高、6358円。


でも、見た目にこだわりたい人には良い製品ですね。


お部屋に置いておくだけで、カフェのような雰囲気がしますね。

アロマテラピーの多少なり欠点というと、「火を扱う」という点でしょうか。


小さなロウソクとはいえ、火を扱うので目を離せない。

火が怖いという方には、電気式がおすすめです。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

電気式なのに、お地蔵さんを想像させるゴッツい岩のようなルックス。

可愛いといえば可愛いのですが、この見た目だと置く部屋を選びそうですね。


でも、火を使わないので安心感はあります。

子供さんがいる方でも心配なく使用できそうです。


ただ、子供さんが茶葉を食べないようにご注意を。

茶香炉が色々とあることが分かったところで、茶葉にもこだわりたくありませんか?


じつは、茶香炉に使用する茶葉ですが、香りを楽しみたいという目的であれば、「茶香炉専用茶葉」が良いようです。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

では、なぜ飲用の茶葉では良くないのか。


茶香炉専用茶葉を取り扱っているお店の商品ページにその説明が書かれていました。

飲用に作られた市販のお茶は、堅く揉捻されているため焚いたとき上焦げします。

結果良い香があまり持続しません。(良くねじった紙は、燃えにくいと同じことです)

茶香炉用に作ったお茶は、香を持続するために葉肉の厚い茶葉を使用しています。

又茎茶は、水分含有量が低く繊維質が多いため良い香がします。

この二つの茶葉をブレンドし、はじめに葉の細かい部分の粉が香り、次に茎茶の香そして葉肉の厚い茶葉が良い香を持続します。

飲用には適しません。

引用:川本屋

たしかに、飲用の茶葉だと前述したように、ほうじ茶として楽しめる点はいいのですが、ほうじ茶が出来上がるくらいですから、「焦げる」わけですね。


飲用茶だと茶葉をかき混ぜたりしないといけないので神経質にならざる負えないです。


癒やされるはずの茶香炉で、緊張しないといけないことにもなりかねない。


それであれば、焦げにくくて、落ち着いて香りが楽しめる茶香炉専用茶葉が良いというわけです。

なるほど・・・お茶ならなんでもいいということではないんですね。

いかがでしたか?


今回は、ダイエット効果を高めるために「イライラを除去しよう」ということで、リラックス効果のある茶香炉をご紹介しました。

アロマオイルが苦手という方には、和のアロマでの癒やしがGOOD。


日頃のストレスをお茶の香りで癒やし、ダイエット効果も高めましょう。


それに、重ね重ね火の取り扱いにはご注意を。


それでは。
以上、弥津でした。

生活雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
弥津 彗をフォローする
スポンサーリンク
やづスタイル