リュック濡れはこの傘で解消「BACK PROTECT FOLDING UMBRELLA」

スポンサーリンク

こんにちは、弥津です。

雨の日にリュックを背負っていると、リュックだけびしょ濡れってことありますよね。

『Wpc.™』が独自開発で実現したリュックサックバックパック)のユーザーに向けた画期的な傘『BACK PROTECT FOLDING UMBRELLAが登場と PR TIMES に発表しました。

画像出典:PR TIMES

私はケアマネジャーの仕事の外回りの際、リュックサック(バックパック)を背負って移動しています。


書類を何件分か一度にいれると、手さげや肩掛けカバンではツライんですよね。


でも、雨降りの時は大変・・・車で移動できる場所ならOKですが、駐車場のない自宅を訪問する時は徒歩ってことがあります。


その時のリュックサック(バックパック)は、確実に濡れますね・・・。


今では水分の侵入を防げる素材のものに変更しましたが、結構重いんですよ・・・リュック自体が。


そんな状況に悩む私の希望は、「リュックまでカバーできる傘があればいいのに・・・」。


90センチクラスのビック傘を購入したのですが、全体がデカイので人とすれ違う時とか邪魔になるんですよ。


そこで、バックパック愛用者は絶対持っておきたい傘が登場するという朗報。

雨天時、傘をさしても背負ったバックパックがどうしても濡れてしまう、バックパックユーザーには悩ましい問題です。

大きな傘を持つ選択もありますが重くなるし周囲を気にする必要も出て来る。

そのようなお声を頂き、独自で傘骨の開発をおこない、折り畳み時のコンパクトさはそのままに、傘を開くと骨の一部が後方に伸びる特殊構造の骨を実現しました。(特許出願中)

後方のみ大きく伸びることで背負ったバックパックを雨から守ってくれます。

引用:PR TIMES

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

後ろ側だけ伸びているので、無駄に横広で他の歩行者や車の邪魔になりにくくなっています。


また、「収納袋」にもこだわりがあります。

■出し入れしやすい収納袋

傘袋の開口部をファスナー仕様にすることにより傘の出し入れがスムーズに行えます。


■傘袋の紛失を防止

傘の内側についているポケットに使用中の傘袋を収納できます。

引用:PR TIMES
画像出典:PR TIMES

傘の収納袋ってなくしませんか?


私が持っている小型折りたたみ傘の収納袋ですが、購入して半年後にどちらかに行かれてしまいました。


そんな悩みは『BACK PROTECT FOLDING UMBRELLA』では無用です。


上記画像のように、傘を開くと内部に収納できるポケットが付いています。


この機能だけでも、私としては目を見はりますが。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

お値段は、楽天市場では3740円(税込・送料無料※変動あり)で販売されています。


リュックサック(バックパック)を日頃よく使用する方は、持っておいて損のない傘ですね。


購入は以下リンクからどうぞ。

製品情報

商品名:BACK PROTECT FOLDING UMBRELLA

価格:3740円(税込)※変動あり

原産国:中国

親骨の長さ:55cm(伸長部分70cm)

会社概要

株式会社ワールドパーティー

所在地: [本社]〒558-0014 大阪市住吉区我孫子1-2-9

設立: 1985年9月

代表: 代表取締役CEO 中村 俊也

事業内容: レイングッズの企画・製造・卸販売


[ブランド]
Wpc. / KiU / unnurella by WPC

URL: http://www.worldparty.co.jp/

「Wpc.™」

URL:https://wpc-worldparty.jp/

生活雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
弥津 彗をフォローする
スポンサーリンク
やづスタイル