騒音トラブルの原因はどこにある?まずは自分の行動から振り返ろう!

こんにちは。弥津です。

自分は普通に生活しているつもりでも、なぜかご近所から苦情を言われて・・・なんて経験ありませんか?

今回は、『隣人のゴミ捨て音がうるさくて不快』という下記の記事を取り上げます。

記事では、隣人宅のゴミの捨て方に迷惑しているRさんの体験談が記載されています。


隣人は缶・瓶を分別する際に、家の外のたらいに投げ捨てるようにして大きな音をたてるとのこと。しかも、時間帯は早朝。


その隣人は、近隣からの苦情の声にも耳を貸さず・・・。

といった内容です。


ここまで聞くと、その「隣人は非常識でけしからん!!」となりますよね。

しかし、記事には隣人の主張も記載されています。

それは、『こちらの方が先に被害者だ』といった主張。


普段から近隣のお年寄りが掃除する音がうるさかったとのことで、「お互い様なんだから、うちにだけそんなことを言うんじゃない」と言われているとか。


これで分かるように、どちらも『私が被害者』なわけです。

このようなご近所トラブルって他人事ではないですよね。

持ち家だと、敷地が離れている分、『共同生活感』を感じにくい傾向があると思います。


でも、お隣とは共同生活をしているという感覚を忘れないようにしたいですね。

特に、『音』、『声』に対する意識は重要です。


私も介護士当時は夜勤をしていましたので、夜勤明けで昼間に就寝することが月に4〜6回はありました。

そんな日は、近隣の普段の生活音さえも騒音に感じたのを覚えています。


特に、夜勤明けが土日だと最悪。

子供の遊び声、ご婦人同士の会話の声、自家用車やバイクのアイドリング音・・・全ての音声がうるさくて、怒鳴りつけに行きたい気分でイライラ・・・周りは夜勤明けで昼間に寝る人のことなんて想像していないんだろうなと深く感じたものです。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

今回のお話のように、日頃ゴミ分別を当たり前にしていても、やり方によっては近隣にとって気になる音だということですね。

できるだけ、上記のような製品を使って、自宅内でゴミ分別をしたいところです。


また、話は戻りますが、このような騒音トラブルの一番の原因は何か考えてみましょう。

それは、『生活リズムの違い』にあるのではないでしょうか。


起きる時間は家庭や人によってそれぞれ。

周りのことを考えずに自分のペースで行動をとると、恨みつらみを持たれてしまう危険性があると知りましょう。


そして、トラブルになってしまったら、怒りの原因・対象となっている人が謝罪に行きましょう。


この記事では、トラブルに関連してしまったお年寄りではなく、違う人が謝罪に行ったとあります。

これでは、私が当事者なら「何で本人が謝罪に来ないんだ!!」となるでしょう。


誠意を感じない分、嫌がらせが収まるどころか、エスカレートする可能性も出てきます。


このような事から、ご近所との騒音トラブルに対しては・・・

◯ 自宅内外問わず、自分の生活音全てが周りに聞こえていると意識する。

生活リズムは、100人いたら100通りだと考える。

◯ 謝罪する時は、原因だと指摘された本人が率先して行く

以上の点に注意するといいのではないかと思います。


私もアパートや戸建といった多くの賃貸住宅での生活を送ってきました。

音に関するトラブルは、どのような住宅形態であっても起こりうることを経験してきた一人です。


「自分勝手」だと誤解されないように、周りへの配慮を考えながら生活しましょうね。

それが、自分を守る盾となります。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】