レトロかつ新しい!ウッドキャビネットBluetoothスピーカー

スポンサーリンク

こんにちは、弥津です。

『株式会社コペックジャパンは、2020年6月23日より台湾Sangean(サンジーン)社・WR-302及びWR-301ラジオ・Bluetoothスピーカーの発売を開始』すると、 PR TIMES で発表しました。

Bluetoothスピーカーといえば、現代風なカッチョイイタイプのものが売れ筋ですよね。


しかし、今回ご紹介するBluetoothスピーカーは、見た目はレトロなのにスピーカーとしての性能は現代にマッチするレベル。

なんといっても、「ウッドキャビネット」の質の良さが目を見張りますよね。

Sangean(サンジーン)のラジオ・Bluetoothスピーカーは上質なウッドキャビネットとパワフルなサウンドが特徴のラジオ対応Bluetoothスピーカーです。

引用:PR TIMES

『WR-302』と『WR-301』の二通りがあります。

製品紹介動画がありますので、まずはこちらでご確認を。

Sangeanのラジオスピーカーに使用されるウッドキャビネット

『WR-302』は「お部屋用」ですかね。


小型なのに、高音質。

このレトロ感がたまんないですね。


WR-302の特徴は以下の通り。

WR-302の特徴

・上質なウッドキャビネット採用

・大型3インチ・フルレンジスピーカー搭載で豊かな低域でリッチなサウンド

・FM(ワイドFM対応)/AM/Blutooth/AUX-IN/REC-OUT対応

・NFC/Bluetoothでの簡単な接続

・心地よく、正確なチューニング

・遅延が少ない高音質コーデックaptX対応

画像出典:PR TIMES

ところで、このウッド部分なんですが、「ウッド調」ではなくて、『本物』らしいです。

一つずつ職人が丁寧に作り上げているウッドキャビネットは外観の良さだけではなく、音響的なデザインと特性がしっかり考慮されています。

引用:PR TIMES

職人さんが、木枠を丁寧に作ってるようです。

一番目立つ部分の質がいいからこそ、上品かつ高級感が出てくるんでしょうね。

画像出典:PR TIMES

たしかに、部屋の雰囲気を邪魔することなく、自然と溶けこむルックス・・・。

画像の外人さんじゃなくて、スピーカーのルックスのことです。


しかも、表示がデジタルじゃないってとこも、そそられますね。

あえて、ダイヤルを回してチューニングする仕様にしているあたり、センスの良さがうかがえます。

FMやAMだけでなく、Bluetooth接続を使えば、お使いのスマートフォンの音楽も鳴らせます。

しかも、aptXコーデック対応だからワイヤレスに高音質を簡単にお楽しみいただけます。

さらに、AUX入力にも対応しているので、3.5mmステレオミニプラグでお好みの機器との接続も問題ありません。

引用:PR TIMES

レトロな見た目とは裏腹に、スマホとBluetooth接続が出来ます。

そして、スマホに貯めた音楽を高音質で楽しめます。


また、ステレオプラグも後ろについているので、Bluetooth以外の接続も可能です。

画像出典:PR TIMES

WR-302の製品仕様は以下をご覧ください。

製品情報

WR-302仕様】

タイプ:FM/AMラジオ対応Bluetoothスピーカー

再生周波数帯域:FM 76-108 MHz(ワイドFM対応), AM 522-1710kHz

電源:AC100V/50Hz/25W

内部アンテナ:(AM)内蔵フェライトアンテナ、(FM)内蔵ワイヤアンテナ

対応Bluetoothコーデック:aptX, SBC

Bluetooth:Bluetooth Ver. 4.0(NFCによるペアリングも対応)

入力:3.5mmステレオミニジャック、Bluetooth

入力インピーダンス:47kΩ

REC OUT出力インピーダンス:10K ohm

ワイヤレスレンジ:約10m(環境により異なります)

サイズ:240(w) x 114(H) x 169.5(D)mm

重量:2.28kg

付属品:FM Fターミナルアンテナケーブル、AC電源コード

カラー:チェリー、ウォールナット

価格:19,910円(税込)

購入は下記リンク、あるいは公式販売サイトで。

お次は、『WR-301』

こちらは、先程のWR-302よりさらに小型。


「手のひらサイズ」です。

画像出典:PR TIMES

Sangean WR-301はウッドキャビネットのクラシックな外観とパワフルなサウンドが特徴のFMラジオ/Bluetoothスピーカーです。

しかも手のひらサイズのコンパクトさにもかかわらず内蔵バッテリーで最大36時間の再生が可能です。

引用:PR TIMES

バッテリー性能は申し分なしですね。

しかも、肝心な音質性能も小さいのにパワフル。

画像出典:PR TIMES

これはこれで、さらにシンプル。

私のようなオッサンには、このダイヤルがたまらんのですよ。


回してるだけで、幼い当時を思い出して泣けてきます。

観たいテレビ番組みるのに、ダイヤル回して微妙な調整してたっけとノスタルジックな気分に。


WR-301の特徴は以下の通りです。

WR-301の特徴

・上質なウッドキャビネット採用

・FMラジオ、Bluetooth接続、AUX-IN対応

・スピーカーとウッドキャビネットを丁寧に調整したパワフルサウンド

・持ち運び可能な手のひらサイズ

・内蔵バッテリーで最大36時間連続の使用可能

・バンド、チューニング、充電LED搭載

画像出典:PR TIMES

そして、こちらもBluetoothなどで接続すれば、スピーカーとして働いてくれます。


小さいのにウッドキャビネットは、『本物』の高級感を醸し出していますし。

手を抜いていない感じが伝わります。

FMラジオ(ワイドFM対応)の機能だけでなく、BluetoothやAUX-INでスマートフォンなどの機器と接続して音楽を気軽に楽しめます。

ウッドキャビネットの外観はどんなインテリアにもマッチします。

引用:PR TIMES

製品仕様は以下でご確認下さい。

製品情報

WR-301仕様】

タイプ:FMラジオ対応Bluetoothスピーカー

再生周波数帯域:FM 76-108 MHz(ワイドFM対応)

内蔵バッテリー:充電式リチウムイオンバッテリー(2600mAh)

再生時間:36時間(Bluetooth利用時)、22時間(FMバンド利用時)

充電時間:約6時間

対応Bluetoothコーデック:SBC

Bluetooth:Bluetooth Ver. 4.1

入力:3.5mmステレオミニジャック、Bluetooth

ワイヤレスレンジ:約10m(環境により異なります)

サイズ:116(w) x 65(H) x 73.5(D)mm

重量:約385g

付属品:外部アンテナケーブル、USB充電ケーブル

カラー:チェリー、ウォールナット

価格:12,980円(税込)

こちらも、下記リンクか公式サイトで購入できます。

興味のある方は是非。

会社概要

株式会社コペックジャパン

URL: https://kopek.jp

業種:卸売業、小売業

本社所在地:東京都渋谷区円山町21-3-1F

電話番号:03-3477-0122

代表者名:水口崇


【お問い合わせ】

ウェブサイト:https://kopek.jp/products_category/sangean/

直販サイト:https://superkopek.stores.jp/

instagram:https://www.instagram.com/kopekjp/

facebook:https://www.facebook.com/kopekjapan/

生活家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
弥津 彗をフォローする
スポンサーリンク
やづスタイル