座って姿勢が悪くなってませんか?座りの安らぎには「アウルカンフィ」!

こんにちは、弥津です。

島根県に本社がある『株式会社加地』は、2020年4月30日『座ることに関する情報“「座り」のコラム”をエクスジェル公式サイトに掲載開始』と発表されました。


株式会社加地は医療・福祉製品、健康用品などを製造・販売する会社です。

HPは以下でご確認ください。

コロナウイルス関連による自宅勤務や、フリーランス、その他ジムワーク主体の方にとって、長時間の座っての作業は楽なようで苦痛。


このような時に、足腰の負担を軽くする知識って欲しいですよね。


そのような時に、以下のコラムは大変参考になりますね。

エクスジェルシーリングラボ
「座りのコラム」

https://exgel.jp/jpn/column/

実際の製品はというと、以前から良く出回っている「生卵の上に座っても割れないジェルクッション」とは素材に違いを感じます。


「エクスジェル」にはウレタンの軽さと、「ジェルの流動性」が半端ないです。


以下の画像でも分かりますが、普通のジェルクッションはこんなに摘んで伸びませんよね。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

そして、この形状。

お尻だけでなく、ふとももまでサポートを考えて作られています。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

ただ、ジェルで柔らかいってだけでは、実は圧力分散が充分ではないんですよね。


どうしても圧力のかかる場所はお尻の一点に集中してしまうので。


以下の画像でもお分かりになると思います。

ようするに、圧力のかかる箇所に重点的にフォローする必要があるんですね。

そこでこの形状なわけです。


ふくろうの置物のような形をしているのには、部分によって負担のかかり方が違うことを理解しているからこそ。


ただ、ジェルの力だけに頼るのではなく、最高に活かす形状にもこだわっているからこそ、効果が約束されているのです。

(画像をクリックするとリンク先に移動できます)

私は腰痛持ちですので、デスクワークは一時間ももたないんですよね。


ウレタン製の座布団を使用したり、水を入れるタイプのクッションを使用したり・・・。


どれも「いいかも」と思うのは、ほんのヒトトキだけ。


ジェルクッションに目が行くのですが、通販で売られているものって意外と高価じゃないですか?

一般に出回っているジェルクッションでも、一枚で7000円程度したりしますよね。


なかには、安価な類似品もみかけますが、「安かろう悪かろう」では困りますもんね。


それならは、国産の間違いないこだわりクッションの方が、そもそも「信用性」がありますよ。

しかも、お試しできるって知ってましたか?


無料でおひとり様二点まで。

エクスジェルシリーズには、形状が違うものもありますので、この機会のお試ししてみては。

【個人のお客様向けお試しサービス】

無料! おひとり様二点まで(一週間)。!!

お申し込みはこちらから
https://seatinglab.jp/shop/c/c9030/

画像出典:PR wire「加地プレスリリース」より

腰のサポートもしてくれるタイプの製品もあります。


これを機会に、仕事の苦痛から逃れてみませんか。


どうせ買うなら、長く使えるこだわりの日本製ですね。


それでは。
以上、弥津でした。

【エクスジェル シーティングラボ オンラインストア】

京都府相楽郡精華町光台3-2-7
受付時間10:00~15:00(平日のみ)
フリーダイヤル0120-540-455

エクスジェル公式サイト  https://exgel.jp/jpn/
Facebook                 https://www.facebook.com/EXGELOfficial/
Instagram                    https://www.instagram.com/exgel_seating_lab/
Twitter            https://twitter.com/ExgelSeatingLab

【こちらの記事もおススメ】